京都インプラント研究会とは

京都インプラント研究会は、京都近隣の歯科医師を中心に構成されたインプラントスタディーグループです。
インプラント治療はもちろん、歯周病など関連のある歯科治療についても、会員のスキルアップ・手技向上のため、定期的に
研修会を開催し、学術情報交換を行なっています。
地域の患者様にご満足いただける、安心安全なEBM(科学的根拠を踏まえた医療のあり方)に基づいた、インプラント治療の
提供を目的に、日々活動に勤しんでおります。

活動報告


  • 2017.02.17

    【お知らせ】
    3月1日20時30分より、伏見区 「いくま歯科医院」 にてインプラントサロンを行います。
    気軽な症例相談会なので、会員以外でも症例相談のある方や見学を希望される方は、お気軽にご参加ください。
    参加希望の方は、いくま歯科医院 075-605-1082 までご連絡ください。


  • 【活動報告】
    ・2月総会
    2月11日14時より、モリタ京都支店F3フォーラムにて京都インプラント研究会の総会が行われ、約20名の参加者で1年間の活動報告、収支報告、来年度の活動計画について審議が行われました。
    また、15時からは特別公演として大阪歯科大学理工学教室 准教授 橋本 典也先生をお招きして「ニューセラミックスを用いた最新歯科事情:リン酸三カルシウムを用いた骨再生ジルコニアクラウンの接着技法」という演題でご講演いただきました。
    17時30分より、先斗町「李南河」にて盛大な懇親会が行われました。


  • 【活動報告】
    ・2月インプラントサロン
    2月8日、東山区奥野歯科祇園縄手診療所にて、京都インプラント研究会のインプラントサロンが行われました。過去最多の約15名の参加者と会員が、もちよった症例について検討が行われました。


  • 【活動報告】
    ・1月の例会
    1月20日20時30分より京都府歯科医師会にて、京都インプラント研究会の月例会が開催されました。2月19日に開催されるインプラント学会認定施設である、京都インプラント研究所35周年に演題を出している古原・伊熊両名の予演会を行いました。
    このように当会は、学会の専門医を習得されようとしている方にもサポートができますので、ご興味のある方は是非ともご参加ください。


  • 【活動報告】
    ・1月インプラントサロン
    1月11日、伏見区竹内歯科診療所にて、インプラントサロンを開催しました。10名が参加され、症例相談が2件、症例報告が1件あり全員でディスカッションを行いました。また、一周忌となる前会長である竹内宏行先生を偲ぶ会も併せて行われました。


  • 【活動報告】
    12月2日、28年度の忘年会を祇園「はじめ」で開催しました。20数名が参加され、今年度の活動反省や来年度に向けて活発な討議もあり平日にもかかわらず盛況な会となりました。今年度ご協力頂きました会員各位およびご講演頂きました講師の先生方にあらためてお礼申し上げます。29年度もよろしくお願い申し上げます。


  • 2016.12.13

    【お知らせ】
    2017年1月20日に、京都府歯科医師会館にて1月例会を開催します。内容は、KIA35周年講演会の予演会と京都府歯科医学大会の予演会を予定しています。たくさんのご参加をお待ちしています。


  • 2016.11.19

    【活動報告】
    洛和会音羽病院で、11月例会兼GBRハンズオンセミナーを開催しました。今回はオープン参加で公募したところ、会員17名だけでなく非会員11名の計28名が参加されました。当研究会としては、初めて音羽病院口腔外科との共催でセミナーを企画し、豚下顎骨を用いた実習メインのセミナーでした。終了後のアンケート評価では、平均4.86(5段階評価)と好評で、次回開催を希望する声が多数ありました。KIRとしても、今後同種の企画をすすめていきたいと考えています。


  • 2016.11.02

    【活動報告】
    伏見リーフ歯科で、11月インプラントサロンを開催しました。症例相談が2件あり、参加者全員でディスカッション後に11月開催セミナーの最終打ち合わせを行いました。


  • 2016.10.18

    【活動報告】
    京都府歯科医師会館で、10月例会を開催しました。今回は、診療に役立つテクニックの紹介を、隼瀬会長、伊熊、古原の3名が行いました。インプラント印象採得時の材料や方法、アクセスホール封鎖方法のコツなどが紹介されました。


  • 2016.10.12

    【活動報告】
    古原歯科で、10月インプラントサロンを開催しました。8名が参加され、症例相談が1件、症例報告が1件あり全員でディスカッションを行いました。また、古原歯科改装後の内覧会もあわせて行いました。


  • 2016.09.07

    【お知らせ】
    10月18日20時30分より、京都府歯科医師会館にて例会を行います。今回は「インプラントあるある」~教科書に載っていないちょっとした工夫~として3人の会員より発表があります。非会員の会費は3000円となっております。
    どちらも詳細が必要な方は入会メールフォームから、またはいくま歯科医院075-605-1082まで。


  • 【お知らせ】
    10月12日20時30分より、古原歯科医院にてインプラントサロンが開催されます。インプラントの症例相談や入会の相談など気軽にご参加下さい。会費は無料です。


  • 【活動報告】
    9月7日に竹内歯科医院にて、インプラントサロンを開催しました。症例相談および、2名の学会認定講習会の卒業プレゼンテーションのスライドの査読を行いました。KIRでは、学会発表やインプラントの専門医を目指す若い先生方のお手伝いもしております。ぜひ、ご参加お待ちしております。


  • 2016.07.30

    【活動報告】
    京都インプラント研究会の7月例会ならびに恒例となりました点滴実習を行いました。
    今回は12名のDrやスタッフが参加され、採血ならびに静脈路確保の相互実習を行いました。
    今後医療をとりまく環境はますます高齢化しており、インプラント手術に限らず、日常の歯科臨床においても、歯科医師が緊急時に静脈路確保できる技術を身につけることは重要になってきます。
    当会では今後も会員各位の技術向上支援を行ってまいります。

  • 2016.06.17

    【活動報告】
    京都インプラント研究会の例会を行いました。
    デンテックのトミー山下様をお迎えして、最新のデジタルインプラント技工についてご講演いただきました。
    大変興味のある内容にたくさんのDR.DTが聴講されました。


  • 【お知らせ】
    京都インプラント研究会ではオブザーバー参加を歓迎しております。
    7月30日16時30分、山科の古原歯科医院にて、点滴の実習会を行います。
    今後、インプラントオペにおいて採血や点滴は必須となってくると思われ、手技の獲得は不可欠となりますので是非ともご参加ください。
    参加を希望される方は 「いくま歯科医院075-605-1082」までお申し込みください。
    参加費は3,000円となります。
    なお、同日入会される方は年会費12,000円で参加費は無料となります。

  • 2016.05.20

    京都インプラント研究会の例会を行いました。
    京田辺市開業の杉元敬弘先生により「可視化によるデジタルソリューションの展開」と題して1時間余りご講演いただきました。
    特にインプラント治療においてCT撮影はなくてはならないものですが、それに必要なソフトも重要です。今のソフトの矛盾や、より良いソフトにするにはどのようにすればよいかなどの内容をお話しいただきました。
    まだまだ、開発の余地がある段階です。CT撮影およびソフトも含め、過信せず診断の一部とみなした方がよいかもしれません。

  • 2016.04.15

    京都インプラント研究会の例会を行いました。
    前半は、京セラから新しい骨補てん材の紹介とその材料を使った、古原先生のケースの紹介がありました。
    後半は、学術担当の伊熊より、古原先生とコラボした症例、全顎即時荷重の症例、部分矯正を応用したインプラントの症例とトピックスのある3症例の報告がありました。

  • 2016.03.18

    京都インプラント研究会の例会を行いました。
    今回は審美インプラントのトップランナーである京都市(西京区・中京区)の中田光太郎先生におこしいただきご講演いただきました。
    短い時間ながら、中田光太郎先生の審美インプラントのテクニックを余すことなくお話しいただき、会員の先生方もいつも以上に盛り上がり、質疑応答も盛り上がりとても勉強になったようでした。
    中田先生ありがとうございました、機会があればまた第2弾をよろしくお願いします。

  • 2016.02.11

    京都インプラント研究会の総会を実施いたしました。
    役員会の後に総会を行い、竹内会長のご逝去に伴い新会長として隼瀬先生が承認されました。
    また各種議案の決議後に新入会員の先生の紹介と承認を行いました。
    同日、特別講演会を開催しました。

    今回は兵庫県芦屋市の野阪口腔外科クリニック・野阪泰弘先生をお招きし「インプラント関連手術の落とし穴」という演題名でご講演頂きました。
    非会員の先生も参加され、活発な質疑もあり有意義な議論ができました。

  • 2016.01.29

    京都インプラント研究会の1月例会を実施いたしました。
    今回はiCATの新しい診断用ソフト(データ合成モジュール)の紹介でした。
    患者の顎骨データと模型データを自分で合成してアーチファクトのないシミュレーションデータの作成方法を体験しました。
    また既に導入されている古原先生から同ソフトを使用した診断例を紹介して頂きました。

  • 2015.11.28~29

    富山県富山市「しのぶ歯科インプラントセンター」診療所見学
    院長 小林祐之先生 インプラント臨床についての座談会開催
    参加者:竹内・伊熊・古原・中村・森井・奥野(6名)

    6月の講演会に引き続き、今回は実際に小林先生のオフィスに見学に行って参りました。基本的なインプラント治療から、最先端のインプラント治療までを安全かつ正確に行える環境が整っており、我々の診療所にも参考になる点が多数あり、参加者一同にとって非常に有意義な時間となりました。
    研修で学んだ事を今後の歯科医療に役立てると共に、ご講演いただいた小林祐之先生に心から感謝いたします。

  • 2015.11.20

    京都インプラント研究会の例会を実施いたしました。
    今回は富山特別研修会の予習を兼ねてノーベルの新しいガイドサージェリーシステムを勉強しました。さらに今後の発展が見込まれる、安全なインプラントの為に有効なシステムです。

  • 2015.10.16

    2015.10.16 10月の例会を実施いたしました。
    会長からの症例報告検討会とOSSTEMインプラントのCAS-KIT紹介と実習(場所:京都府歯科医師会)

  • 2015.10.14

    2015.10.14 10月のインプラントサロンを実施いたしました。
    いくま歯科見学会および医療安全対策検討会(場所:京都市伏見区 いくま歯科医院)

  • 2015.07.28

    2015.06.20 京都インプラント研究会恒例の点滴実習を実施いたしました。
    京都インプラント研究会6月例会として毎年恒例の点滴(ルート確保)実習を実施しました。
    会員および会員診療所スタッフあわせて12名が参加されました。
    講師は会員の古原歯科医院院長の古原優樹先生です。
    まず静脈血からの採血、点滴回路の組み立て、翼状針の刺入、留置針の刺入、薬剤の投与を順に行い
    全員ができるまで繰り返し練習しました。
    回を重ねる毎に皆さんスキルアップされています。
    今回参加できなかった先生も、次回は是非ご参加下さい。


  • 2015.06.06~07 石川研修旅行を実施いたしました。
    特別講演では、小林祐之先生(富山県:しのぶ歯科インプラントセンター)をお招きし、
    インプラント治療に関わる貴重なお話を聴講させていただきました。
    研修旅行は初の試みとなりましたが、大変有意義な研修内容となりました。
    研修で学んだ事を今後の歯科医療に役立てると共に、ご講演いただいた小林祐之先生に心から感謝いたします。

  • 2015.04.28

    ホームページを公開いたしました。今後とも宜しくお願い致します。

会員ログイン

会員の方は、こちらからトピックス一覧へログインできます。

ログインする
京都インプラント研究会について
このページのトップへ